もはやアラサーな日記

名古屋のとある大学院

2016 回想 その1

前回の記事で仮面ライダーレーザーが死んで悲しんどりましたが、レーザーを殺した仮面ライダーゲンムこと檀黎斗の役者さんがガチの薬剤師で感動してる次第です。

 

しかしなぜ、医者が変身しまくるエグゼイドにあって君は薬剤師ライダーじゃなくゲーム会社のCEO役なんじゃい!

 

では、ゾンビゲーマーLv.Xに進化した仮面ライダーゲンムにご期待ください。。

 

 

 

んで今から2016年を2回に分けて総括していきます。

 

意外と色々あったので。

 

 

でかいトピックとしては、、、

 

・病院実習

・名大院になぜか受かる

・卒業委員だるい日本死ね

 

がまぁメインなんでしょうなー

 

ま、いつも通りに取り留めもなくダラダラ書いてくんですけどね(´-ω-`)

 

 

病院実習はね、、、もはやあんまり覚えてないんだけど笑

 

嫌な上司というのは自然災害と一緒で、時に何ともしょうがないことを知りました。。

 

薬剤師の先生方なんで能力的にはそうではないでしょうけど、あえてこの言葉を使いますね。

 

『バカは治んねーな』

 

こう思った瞬間でした。

 

それまで何やかんや可愛がられながら、大人には嫌われずにヌクヌクと生きてきたから、こんな当たり前の事にさえたじろいでしまいました(苦笑

 

それ以外にも、『この人マジでヤバイわ、人徳・知識・身長、、、完璧だぜ』と思えたスーパー薬剤師に短い期間だったけど指導してもらえたのは最高の経験でした。

 

はじめて薬剤師の底力というか、医者に頼られる薬剤師を見た気がしました。

 

よくね、口ではチーム医療だ、薬剤師も医者と同等だみたいなこと言うお花畑薬剤師は見ますけど、結局は己の実力ひとつなんだなと。

 

舐められない実力を付けることの『格好良さ』を皮膚で感じられて、こればっかりはあの病院で良かったと思います。

 

あと他大学の薬学友達も出来てよかったですよ、年増の割に馴染めてたんかは微妙ですけど。

 

とりあえず、病院では絶対に働きたくないと思わせてくれた2ヶ月半でしたとさ笑

 

 

 

名大はまぁ、、、なんか受かっちゃった笑

 

アーバンライナーで読んでた免疫の範囲が割とがっつり出て受かった様なもんなんで、マジ南サンキューな。

 

まぁ修士なんで、デカイ顔も自慢も出来ませんけど下手に6年制でたからって博士課程行って爆死するより地道に2年間頑張ってから目指すのも悪くなかろうと考えてます。

 

 唯一、デカイ顔てか自負してるのは『大谷初のコネやし合格』ですかな。

 

散々、M徳先生には『コネなきゃキツイ』と言われましたが、じゃあウチの研究室から大学院どこも行けねーじゃん(泣)を打開したくて頑張りました。

 

その節は、色々と相談に乗っていただきM徳先生には感謝しかありません。

 

それにひきかえ、誰とは言いませんが、誰かさんのことを『いい加減なひと』だなという感覚から、『1番なりたくない反面教師』にまでランクアップさせる原因になりました。

 

その後様々なことがあり、もはやその考えは確信に変わったんですけどね。

 

この後はまぁ、糞どうでもいい話なんで割愛。

 

 

しかし実際に名大の試験では英語爆死(今年から何もかも英語で書かれてる試験に英語で答えるスタイルに変更)だったので。

 

みんなある程度死んだから、結局は専門勝負になって、生物系の学科の方々に混ざって雑学系の(しかも学年的にも年増の)薬学が受けたらそら有利やろうて。

 

化学も衛生も、なんなら統計とかも微妙にかじってますからねー

 

英語もやらなきゃ(使命感

 

 

結局、中学2年から苦手になって未だに苦手やからなー。

 

そのくせ、今は国試勉強に忙しいからってサボってるし。

 

この辺が将来的に仇になりそうで怖いっすね。

 

 

今もそうですけど、勿論これまでより頑張って国試の勉強してますけど所謂『死ぬ気で頑張った』経験がない。

 

院試も勉強はしたけど、『もうこれ以上無理!』てくらいの勉強は出来てない気がするし。

 

中学入試とか今回の院試含め悪く言えば“惰性で”受かってるというか、ラッキーというか、、、

 

それが通用しない大学入試には落ちまくってるしね(苦笑

 

アクセル全開にする方法を知らないまま生きていったら、いつか今の感じまでしかアクセル踏めなくなるんじゃないか?

 

ならやれよ!とか言われそうですけど、なんなんかな、、、自分でもわかんね。。

 

多分、ごちゃごちゃ言い訳して逃げてるだけなんでしょうな、、、

 

とにかく頑張ります(苦笑

 

 

 

次は卒業委員か、もうヤダ笑

 

ホント、嫌な揉め方しましたね。。

 

ジトジトしてるっていうか笑

 

 

 

今でも『そこまで俺間違ってなくね?』感はありますけど、それより兎に角仕事が円滑に進む様に努めようと決めたんで、仕方ないね。

 

大人になることと、兎に角要求を飲むことはイコールでは無いと思ってますけど、まぁ今はしゃーない。

 

社会に出てからなら、自己犠牲だけで解決するのなんか駄目だし、それを解決しうる社会的な方法というかルールもあるけど

 

卒業委員なんかある意味、ルール無用な異種格闘技戦みたいな側面があるので、その中で最終的に生き残るやり方をせにゃいかんですな。

 

 

諦めも肝心ってな訳で、どうかひとつ笑

 

 

でも卒業委員してないと、話す機会もなかった様な人たちと出会えて、一部の方とは飲みにも行けたのは素直に嬉しかったです。

 

先々週はありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

このくらいかなデカめのトピックは。

 

細かなことは次回にでも。

 

 

 

あ、それと今年は色々忙しくて充実(?)してたからかタナトフォビアっての、『死への恐怖』ってやつ

 

あれが減ったわ。

 

 

大体、夜中に発症するんだけどパニック障害みたいな症状出んのよね。

 

吐くし、過呼吸ぽくなるし、泣くし(笑)

 

トイレで30分くらい耐えたらなんとか寝れそうなテンションになるんだけど。

 

なんか、ゴミみたいな生活が続いて自己嫌悪がマックスまで溜まると出るんですよ。

 

だからある程度、明日何するかみたいな目標があって割と忙しい方が起こりにくいと自分の経験上から、勝手に思ってます笑

 

http://scramble-talk.com/thanatophobia-1200

この記事に書かれた症状が1番近いですかね、自分のと。

 

 

なんだか暗くなりましたけど(笑

 

とりあえず色々は有りつつも充実してたっぽい一年で、それなりに満足でした。

 

あ、あと日ハム日本一。あれは出来過ぎ笑

 

ヤバすぎで、ファンでも若干引いたわ。

 

 

では続きは次回。

 

f:id:u4111114:20161231001158j:image

気に入ってんじゃねーよ、っていう自撮り笑